www.igara-renault.in.net/

子宮筋腫の治療はいろいろあります

子宮筋腫は良性の腫瘍です。まず、子宮がんかどうかの区別が一番大切になります。そこは医師が心得ていますので、子宮筋腫の細胞の一部をとってガンがあるかどうかを調べます。ガンでなくて、症状が軽いのならそのまま定期的に検査をして観察をしていく方法もあります。
よくわからない場合は子宮筋腫 手術という大事を防ぐ為に、定期的な健診をお奨めします。
一般的に子宮筋腫は、生理が終わると大きくなることはないといわれていますので、生命に危険がないので定期的な検査でよいのです。しかし、腹痛があるとか、生理がひどいなどの日常生活に支障がある症状がある時は、治療の対象になります。子宮筋腫の大きさがそんなに大きくなければ、筋腫の部分だけを摘出する方法もあり、手術後の妊娠や出産ももちろん可能なので、安心して治療をうけられます。また、子宮を全部摘出する方法もあるのです。そもそも、体に影響がでる卵巣は残すことが多いので手術後の体への負担も軽く、また子宮筋腫が再発することがないので子供がいる女性にはよい治療のはずです。
お悩みならば子宮筋腫 妊娠でサポートします。