www.mellonbox.com/

浮上する場合には息を止めないのが大事

スキューバダイビングには、注意点が幾つかあります。呼吸です。
潜水時には、やってはならない呼吸法が幾つかあります。その1つは、息を止めてしまう事です。
私たちがプールで潜水をする場合は、息を止めるものです。しかし潜水用のボンベを用いてスキューバダイビングをする時は、決して息を止めてはならないそうなのです。友人から教えてもらったサイトダイビングライセンスに載ってます。

 

というのも息を止めてしまうと、肺に対してネガティブな影響が生じます。それにより危険な症状が発生する場合があるからです。
特に気をつけなければならないのは、深海から水上に進んでいく時です。浮かんで行く時に息を止めてしまうのは、極めて危険なのだそうです。命に関わる場合もありますので、そのタイミングだけはほんの少しの間でも息を止めてはならないそうです。是非始めてみてください!→シュノーケリングを参考にしてください。

 

しかし浮かび上がる時には、人間は本能的に息を止めないようにする場合が多いそうです。ですので浮上する時に、何かネガティブな症状が発生するケースは少なめと言われています。